口臭対策方法

唾液腺分泌のツボ解説!口臭予防に唾液を増やそう!!

これから人に会う、というときにふと自分の口臭が気になってしまうことはありませんか?

出先で歯みがきもできない、けど口臭はどうにかしたい!けどその解決法がわからない…。

 

そんなとき、あれこれ道具を使って改善するのも一つですが・・・。

わざわざ道具を買うのもという方はぜひご覧ください。

 

 

唾液の効果は口臭の改善に役立つ?

 

唾液腺の運動!ツボでトレーニング!口臭予防に唾液を増やそう!!唾液の効果は口臭の改善に役立つ?

 

唾液には2つの種類があります。

 

1つ目はネバネバの唾液。

2つ目はサラサラっとした唾液です。

 

サラサラっとした唾液には「口臭予防の効果」があるんですよ。

 

唾液には様々な効果がありますが、食べたものを胃に流す役割や、食べ物の消化に口の中を綺麗に保つための洗浄や抗菌効果があります。

歯を溶かさないように賛成の状態を中和もしてくれますし、歯を守ってくれる保護の作用もあります。

 

健康な人の唾液の分泌量は1日で「1L〜1.5L」

それだけの唾液が常に殺菌や消臭、食べカスを洗い流して口臭を予防してくれているんですね。

 

口臭が気になる時は口の中がネバネバしていることが多くありませんか?

口臭がある時には、緊張や疲れで唾液の分泌量が低下していることが多いんです。

 

口臭予防の大きな味方、天然の口のお医者さん「唾液」を実はツボ押しやトレーニングで増やすことができるんですよ。

唾液腺の運動!口臭トレーニングの方法とは?

道具を買わずに、簡単に口臭の原因を抑えられればそれが1番です。

口臭予防のポイントとなるのは、ずばり唾液の量を増やすこと!

 

口臭の原因のほぼ9割は口の中に原因があるとも言われています。

 

しかし唾液の量を増やしてあげることで口臭予防ができるとわかっても、何をしたらいいのかわからないですよね。

そこで!ここでは家でも外でもできる、かつ唾液も増やして口臭予防のできるトレーニングの方法をご紹介します!

 

口外に舌を出すトレーニング

舌を動かして唾液の分泌を増やすトレーニング方法です♪

 

1.舌を前につき出す。

舌の運動の仕方

 

2.つき出した舌を鼻先に近づけるように上に反る。

舌の運動の仕方

 

3.アゴ先に近づけるように下に反る。

舌の運動の仕方

 

4.唇にそって舌をぐるりと1周する。

舌の運動の仕方

この4つの手順を1セットで、無理のないようにトレーニングを重ねることで唾液を増やすことができます。

さらに、舌を「突き出す」ことで筋肉が鍛えられあご下周りをスッキリさせることができるので一石二鳥で嬉しいですよね。

 

口中での舌のトレーニング

口を閉じたままでOK!

口内でも口臭改善の唾液を出すトレーニングをすることができます!

 

1.姿勢を正す

舌の運動の仕方

 

2.口を閉じたまま舌を下げ口腔内を空ける

舌の運動の仕方

 

3.舌の表面を上アゴにつけながら舌の先端を上前歯の裏に当てる

舌の運動の仕方

 

4.舌の先端を下前歯の裏に当てる

舌の運動の仕方

 

5.舌先を右の奥歯に当てる

舌の運動の仕方

 

6.舌先を左の奥歯に当てる

舌の運動の仕方

 

7.舌を左右にねじる

舌の運動の仕方

口を閉じたまま行えるので、ふと口臭が気になり「なんとかしたい!けど人目が気になる…」

といった時でも、口の中で唾液が出るトレーニングができ、周りから見ればガムを噛んでいる人くらいにしか見えないかほぼわからないのでストレスなくできちゃうトレーニング方法でしょう。

 

ですので、車や自転車などに乗っている時や誰かと同じ空間に居る時でも、ふとした合間にできる口臭予防です!

>口臭とさよなら!汚れがゴッソリ取れるマウスウォッシュの口コミはこちら

3つの唾液腺や唾液のツボはどこにあるの?

唾液を出すには、唾液を分泌する線である「唾液線」を刺激するか、全身にある「唾液のツボ」を押すのも効果的です。

ツボをぐっとツボ押しするだけなのでカンタンにできちゃいますよ。

 

簡単に刺激できるツボと唾液線のマッサージ方法をご案内します!

 

大きい唾液腺は3つ

3つの唾液腺 

唾液を出す唾液腺は、口の中にもたくさん小さいものがあります。

しかし大半の唾液を分泌する大きいものが3つあるんです。

 

  1. 耳下線(じかせん)
  2. 顎下線(がっかせん)
  3. 舌下線(ぜっかせん)

の3つ!

 

それぞれ出てくる唾液の種類が違います。

特に口臭予防につながるサラサラっとした唾液をよく出してくれる唾液線は、「耳下線(じかせん)」です。

 

耳下線(じかせん)をマッサージすることで消臭にも効果がある唾液が分泌されます。

後ほどマッサージする方法をくわしく紹介しますね♪

 

顔とからだの唾液のツボ

顔やからだにも唾液の分泌を促すツボがあります。

顔のツボ・足のツボ・腕のツボや唾液を減らすツボまで!

 

出先でも押せちゃうツボも多いので、その時々によって押すツボを使い分けると便利ですね♪

 

顔周辺のツボ

顔の唾液ツボ

顔周辺には唾液の分泌促す主な5つのツボがあります。

それぞれのツボを中指で3〜5回押すと、じわじわと唾液が出てくるのが実感できますよ♪

 

足のツボ

顔の唾液ツボ

足のくるぶしとアキレス腱の間のくぼみも唾液を促進するツボです。

両足のツボを親指でグーっと押すと、唾液がじわじわ出てきます。

 

手のツボ

手の唾液ツボ

手のひらの中指の横ジワの中心部は口の中に繋がっているツボとも言われています。

ツボを親指で、5秒ほどグッと握るように押し込むのを10回ほど繰り返します。

 

唾液を減らすツボ

唾液を減らすツボ

基本的に唾液は自浄作用や消臭作用があるため、多くてもデメリットはありません。

しかし「妊娠中のつわり」などでいきなり唾液がたくさん出るようになって困っている!という人もいたりしますよね♪

 

唾液が飲み込みきれないほど過剰に分泌されるのは、主に「自律神経の乱れ」が原因と言われています。

そんな時は自律神経を整えてくれるツボを押すと効果的!

 

それぞれのツボを親指で20〜30回ほどグッグッと押しましょう。

猫背なども自律神経の乱れの原因になるので、ツボを押す時は姿勢を正すのを忘れないでくださいね♪

唾液腺のツボ!耳下腺をマッサージ!

口臭予防に効果のある耳下腺(じかせん)の簡単マッサージ方法をご案内します♪

 

1.耳下腺とはこめかみから下にさがってきたちょうど耳たぶの高さにある部分のことを言います。

唾液マッサージ

 

2.指4本で顔の両側をクルクルと回します。

唾液マッサージ

耳下腺は、刺激されると唾液が出やすい部分で、さらに出てくる唾液はサラサラしており食べカスや菌を洗い流して口の中を衛生を保つ効果があります。

 

ということは!

 

耳下腺を刺激してあげることは口臭の原因を抑えることにつながります!

そして、耳下腺を刺激することはリンパ節も刺激していることになるので、顔のむくみにも効果的と言えます!

 

これも一石二鳥ですね♪

>口臭とさよなら!汚れがゴッソリ取れるマウスウォッシュの口コミはこちら

ツボ以外で唾液の分泌を促すには?

ツボやマッサージ以外で唾液を増やす方法ももちろんありますよ♪

 

  1. 水をたくさんのむ
  2. 口内を清潔に保つ
  3. 食べ物をよく噛む
  4. 軽い運動をする
  5. 休養をとる

 

唾液は疲れやストレスなどで自律神経が乱れると、分泌が少なくなってしまいます。

軽い運動をしたり休養をとるのは唾液の分泌にも繋がります。

 

また、からだの水分不足も唾液には大敵。

元となる水分がないとツボ押しをしても唾液自体が出ませんので注意が必要です。

 

食事の時などによく食べ物を噛んで口内を刺激すると唾液の分泌が促されます。

口臭が気になる時にはノンシュガーのガムをよく噛むのもおすすめです。

唾液腺の運動!ツボでトレーニング!口臭予防に唾液を増やそう!!まとめ

いかがでしたでしょうか?

唾液腺の運動(ツボ)を押してトレーニングをして唾液を増やして口臭改善してみては?

唾液の量が増えれば、あんなに気になっていた口臭もなくなり、人と楽しくおしゃべりしちゃいましょう。