口臭対策方法

口臭予防!食べ物と飲み物で口臭が消える?悪化する食べ物も紹介!

食べ物飲み物 予防

悩みのタネの口臭・・・

でも実は、身近な飲み物や食べ物で口臭予防ができてしまうってご存知ですか?

 

あなたが気軽に食べている食べ物のヨーグルトも、実は口臭を消してくれる作用があるんですよ♪

 

「どんな食べ物や飲み物が口臭予防に効果があるの?」

「本当に食べ物や飲み物で口臭が消えるの?」

「どうやって食べ物や飲み物を摂取すれば効果的なの?」

 

と疑問の方も多いのではないでしょうか。

 

今日はそんなみなさんのために!

 

  • 口臭を悪化させる食べ物や飲み物
  • 口臭予防にいい食べ物や飲み物
  • 口臭予防におすすめの食べ物や飲み物のレシピ

 

をご案内します!

 

これを読んで毎日スッキリした息を手に入れちゃいましょう♪

 

 

口臭は食べ物や飲み物で予防できる?

食べ物や飲み物をとると口臭がします。

でも実は食べ物や飲み物もきちんと選べば、逆に口臭予防になっちゃうんです!

 

口臭予防にはどんな食べ物や飲み物を選べばいいのか?

まずは口臭が発生する仕組みからチェックしましょう( •ω•。)و

 

食べ物や飲み物で口臭予防できる?

食べ物飲み物 予防

食べ物や飲み物で、口臭を予防したり消臭したりすることは可能です。

口臭には、起こる原因やどんな臭いがするかなど、原因は様々。

 

たとえば、牛乳などは口臭予防に評判が高い飲み物で、ニンニクなど臭いがキツイ食べ物を食べたことによる口臭には、抜群の消臭効果を発揮します。

 

 

このように、口臭に対して予防、消臭ができる食べ物や飲み物もあれば、逆に口臭を悪化させる食べ物や飲み物もあります。

 

飲食時に発生する口臭の原因は?

食べ物を食べたり飲み物を飲んだりすると口臭がしますが、実は飲食時の口臭にも種類があるんです。

 

臭いがキツイ物が原因

食べ物飲み物 予防

ニンニクやニラなど臭いがキツイ食べ物や飲み物をとると、その食べ物の臭いが残り口臭になります。

臭いがキツい食べ物や飲み物で口臭がするのは、実は食べ物や飲み物が消化される時や噛む時に臭い物質をだすから。

 

 

臭いがキツい食べ物や飲み物をとった場合の口臭は、

 

  • 食べてすぐ…口に残ってる舌などについてる食べカスや、臭い成分で口臭がする
  • 食べて2-3時間後…雑菌が最も繁殖するため口臭がきつくなる
  • 食べた翌日以降…消化された臭い成分が腸から血管に吸収され、全身にめぐり、肺から呼気として排出、口臭になる

 

このような流れで、摂取した食べ物や飲み物が口臭として出てきます。

 

食べすぎ飲みすぎが原因

食べ物飲み物 予防

美味しい食べ物や飲み物も、取りすぎると胃腸の消化に負担がかかります。

 

特に胃は暴飲暴食が続くと動き悪くなってしまい胃液の分泌が少なくなり、消化不良の原因となってしまうんですね…

本来胃で消化されるはずの食べ物や飲み物が、ずっと胃に残ってしまうと腐敗がはじまってしまいます。

 

食べ物が腐敗して臭いガスが胃の中で発生すると、血管に吸収、肺に送られ呼気として排出され、口臭になります。

 

ケア不足が原因

食べ物飲み物 予防

歯磨きで十分ではなく食べカスが残り、その食べカスを元に雑菌が繁殖、この雑菌が口臭の臭い成分揮発性硫化化合物(VSC)を出すことで、口臭になります。

 

口臭は食べカスがあることにより発生するのではなく、食べ物や飲み物のカスなどをエサに雑菌が繁殖してしまうことで起こります。

そのため、歯磨きをしても食べ物や飲み物などの汚れが落ちきれずにいると、そこで雑菌が繁殖し口臭の原因となるんですね。

 

また、意外と見落としがちなのが舌の表面

舌の表面にはザラザラと凹凸があり、ここに食べ物や飲み物のカスなどが残っています。

 

実は食べ物や飲み物のカスは歯の隙間にあるのは10%ほどで、残りの90%はこの舌苔や粘膜に残っていると言われています。

さらに、舌の上の食べ物や飲み物のカスや雑菌などが白く苔状になると、「舌苔(ぜったい)」と言う物になります。

 

舌苔は雑菌の温床で、口の中の口臭の原因のおよそ8割以上が舌苔によるものだとも。

歯磨きばかりで舌苔のケアを見逃すと、食後歯磨きをしても口臭が予防できない・・・と言うことになってしまいます。

 

間食が原因

食べ物飲み物 予防

通常、私たちの口内は唾液で満たされています。

唾液には殺菌・抗菌・食べたカスを洗い流すなどの口臭予防作用がありますが、意外と重要なのが「酸をうすめ、pHを戻す」作用です。

 

口の中は通常、中性を保っています。

しかし食べ物や飲み物を食べた時、虫歯菌が虫歯を作る成分をだし、口の中を酸性にします。

酸性は口内の雑菌がもっとも活発になりやすい状態です。

 

その酸性状態になった口内を、唾液の力で食後30分ほどで中性に戻します。

口内を酸性のままにすると、歯がとけ溶けた部分から虫歯が入り込み虫歯の原因となります。

 

そのため、唾液の量が少なかったり、唾液の中性に戻す力が弱かったり、間食が多いと口内が酸性になっている時間が長く、虫歯になりやすくなり口臭が発生してしまいます。

 

 

口臭を悪化させる食べ物や飲み物はこれ!

まずは、予防どころか口臭を悪化させる食べ物や飲み物をご案内します!ฅ(º ロ º ฅ)!

 

しかし、あくまでも大量に食べると口臭の原因になる原因があるというだけなので、気にしすぎないでくださいね。

健康のためにはバランスよく、色々な食べ物や飲み物をたべましょう( •ω•。)و

 

ニンニク

食べ物飲み物 予防

おいしいけど、口臭になる代表的な食べ物ですね。

 

ニンニクには「アリイン」という成分が含まれています。

この「アリイン」が曲者で、時間や状態とともに性質が変化していき、様々な悪臭を口臭としてだしてしまいます。

 

食べた直後、口内でのニンニクの食べかすは、分揮発性硫化化合物(VSC)を刺激し悪臭を漂わせます。

またニンニクやっかいなところは、食べた後、特に腸に入って消化が始まってからは、「ジルチルスメフィド」という悪臭成分をだし、腸から全身をめぐり肺から呼気として排出されるところです。

 

 

ピークはなんと30とも言われており、口内から腸、肺まで悪臭がする食べものです。

そのため、歯磨きなどでは口臭が消えないんですね。

 

アリシンはニンニクのほかにも、ニララッキョウなどにもふくまれています。

 

ブロッコリー

食べ物飲み物 予防

体に良く、ダイエットにも効果的で人気の高いブロッコリーですが、口臭をきつくさせる成分が入っています。

 

ブロッコリーなどの「コマツナ科」に含まれる成分、「インドール」は、口の中で食べカスが腐敗するとうんこ臭いを発するようになります。

その他にインドールを多く含む食べ物はキャベツ小松菜など。

 

健康に良さそう!とそればかり食べると口臭の原因になりかねないので注意が必要です。

 

砂糖

食べ物飲み物 予防

よく甘いものを食べると虫歯になるよ!といいますが、迷信ではないんですねΣ(・ω´ )

口に残った砂糖を細菌が分解するときに、「強い酸」を出します。

それにより口内が中性から酸性になってしまいます。

 

歯周病菌や虫歯菌、口臭を出す雑菌は酸を非常に好み、口内が酸性のときにもっとも活発に活動します。

とくに唾液の分泌が少なく酸性状態から戻せない場合、砂糖で酸性状態の口内で雑菌が活発に活動し、口臭が発生してしまいます。

 

飲み物に砂糖をたくさん入れてしまうと口臭の原因になってしまうんですね。

 

チーズ・納豆

食べ物飲み物 予防

チーズや納豆は、その食べ物自体の臭いがキツく、口臭の原因となります。

 

また、ネチャっとしたり、ねっとりしている食感のため、歯と歯の間や舌の上に食べカスが残りやすいのも特徴です。

チーズや納豆に多く含まれる「タンパク質」は体に大切な成分ですが、口内に多くいる雑菌にとっても大好物。

 

口内にタンパク質が多く残ることで、雑菌のエサとなり口臭が強く出てしまいます。

 

アルコール

食べ物飲み物 予防食べ物飲み物 予防

アルコールは臭いのキツイ飲み物以外は、飲んですぐはほとんど臭いません。

でもみなさん飲んだ翌日は口臭がキツいな・・・と思った覚えがありませんか?

 

アルコールを飲んで口臭がキツくなるのは、「アルデヒド」という成分のため。

 

アルコールは肝臓でアルデヒドに分解されます。

通常は尿などとして排出されますが、量が多すぎると血液に吸収され、全身を巡り体臭や口臭として現れます。

 

アルデヒドは「柿が腐ったような臭い」と言われ、いわゆる「酒臭い」犯人でもあります。

 

 

また、アルコールの利尿作用でからだが脱水状態になりやすくなります。

体が脱水状態になると、唾液の分泌量も減ってしまい、口内が乾燥します。

 

口内が乾燥すると雑菌が活発に活動し、口臭の原因である雑菌の塊の舌苔(ぜったい)ができやすくなるほか、口臭自体もキツくなります。

 

アルコールを取る時は水分不足予防として、水などの飲み物をとるようにしましょう。

 

栄養ドリンク

食べ物飲み物 予防

栄養ドリンクには飲み物の中でも特に栄養がたくさん含まれていますね。

常用している飲み物といえば栄養ドリンク!という人も多いのではないでしょうか。

 

 

しかしこの栄養ドリンクには多く糖分が含まれているものがあり、中には一本で3gのスティックシュガー15本分もの砂糖が入っている物もあります。

 

数ある飲み物の中でも、かなり糖分が多い飲み物です。

 

またカフェインも多く含まれ、中にはコーヒーの2.5倍ものカフェインを含んでいるものもあります。

カフェインには利尿作用があり、からだから水分が出てしまい、水分不足になりやすくなります。

 

からだの水分が不足することで、唾液の分泌が低下してしまい、ドライマウス状態になると口臭がよりキツくなります。

また、糖分が口内に残っているとより雑菌が活発に活動し、口臭が悪化します。

 

スナック菓子

食べ物飲み物 予防

口臭の一番の原因は食べカスが口内に残ってしまうことです。

 

噛み砕き、飲み込みきれなかった食品残留が口内の雑菌で発酵することで口臭となります。

特にスナック菓子のように、粉っぽく柔らかい、味が濃いものものは唾液の分泌低下を招く上に、口内に食べカスが残りやすくなります。

 

また飲み物として炭酸ジュースなどを飲むと、中に含まれている砂糖が口内を酸性にすることで雑菌の活動を活発にし、さらに口臭がきつくなります。

 

コーヒー

食べ物飲み物 予防

毎日に欠かせない飲み物といえばコーヒー!という人も多いのではないでしょうか。

 

美味しい飲み物のコーヒーの微粒子はとても小さいものです。

この小さい微粒子が、舌の表面のザラザラした部分に引っかかりやすくなっています。

 

コーヒーを飲んだあと、舌の表面が薄茶に変わっていることがありませんか?
これがコーヒーの残留分、いわゆる食べカスです。

コーヒーには砂糖やミルクを入れる人も多いと思いますが、そういったタンパク質も一緒に残留してしまっている状態です。

 

この食べカスは雑菌のエサになり、また食べカスに含まれるタンパク質などが雑菌に分解される時にも臭いを発します。

 

また、飲み物のコーヒーにはみなさんご存知の通りカフェインが含まれています。

カフェインの利尿作用で飲み物を飲んでもからだから水分が出てしまい、水分不足になると唾液の分泌量が低下し口臭が悪化してしまいます。

 

 

口臭予防にいい食べ物や飲み物はこれ!

それでは口臭予防にいい、消臭成分や口臭予防効果のある食べ物や飲み物をご案内します( •ω•。)و

毎日の食べ物や飲み物を、これに変えたり足したりするだけで口臭予防になるかも!

 

ガム

食べ物飲み物 予防

食べ物とは少し違うかもしれませんが、ガムを食べることは口臭予防に効果的です。

 

ガムを食べることで

 

  • 舌の表面や頬の粘膜に付いている食べカスを取る
  • よく噛むことで唾液の分泌が活発になる

 

などで口臭予防ができます。

 

またマスキング効果で、いい香りを上から被せて口臭がわからなくなる予防効果もあります。

 

食べ物飲み物 予防

口臭予防には、舌の汚れを取ることが大切です。

ガムは口臭が気になった時以外にも、「食後」に食べるとより効果を得ることができます。

 

口臭予防目的にガムを食後に食べる時は、

 

  • 無糖のもの・虫歯予防効果のあるキシリトールが入っているものを選ぶ
  • よく噛む(唾液の分泌を促す)
  • 舌の表面や、頬全体にガムが当たるよう口の中で転がす

 

を意識するとより口臭予防に効果的です。

 

リンゴ

食べ物飲み物 予防

食べ物の中で口臭予防効果があるのがリンゴです。

リンゴに入っているポリフェノールには高い消臭効果があります。

 

ポリフェノールとは、植物に含まれる抗酸化作用を持った、主に色素や苦味を構成する成分のこと。

リンゴの場合は皮などに多く含まれていて、リンゴポリフェノールは消臭剤などの原料にも多く使われるほど、消臭力が高い食べ物です。

 

 

また、リンゴを食べた時の酸味は、リンゴ酸のよるもの。

このリンゴ酸はニンニクの臭いの元、「アリシン」を分解する作用を持っています。

 

リンゴは、ニンニクを食べた1時間後までの消臭効果が高いと言われています。

ニンニク料理のデザートなどにリンゴを食べたり、食後の飲み物としてリンゴジュースを飲むと口臭予防に効果的です。

 

お茶

食べ物飲み物 予防

飲み物の中でもお茶、特に「緑茶」には口臭予防効果があります。

 

緑茶に含まれてるカテキンには、強力な抗菌・殺菌作用があり口臭予防に最適です。

特に揮発性硫化化合物(VSC)を分解する作用があり、口臭の消臭、予防に効果的です。

 

また、茶っ葉の色素、クロロフィルにも高い消臭・殺菌で口臭予防効果があります。

クロロフィルは口内だけではなく、腸内の悪玉菌が作り出す悪臭も分解する作用があるため、口臭予防だけではなく体臭予防にも効果的です。

 

 

しかし緑茶にはカフェインが含まれていて、口臭予防の飲み物として飲みすぎると、利尿作用により水分不足状態となってしまいます。

緑茶の中でも「玉露」はコーヒーの1 .5倍近いカフェインが含まれているので飲み過ぎには注意しましょう。

 

同じ緑茶でも「煎茶」カフェイン含有量は玉露の6分のですので、口臭予防の飲み物としては、食後に暖かい煎茶を飲むのがおすすめです。

 

牛乳

食べ物飲み物 予防

牛乳は、ニンニクなど強い匂いがする食べ物に対する口臭予防におすすめです。

 

牛乳が、ニンニクの臭い成分の「アリシン」を胃の中で膜で包み、臭いの発生を予防・抑えてくれます。

また、ニンニクなどを食べる際は食前の飲み物として牛乳を飲むと、胃に膜がはられます。

 

胃に膜ができることで、胃の消化負担や、消化によって臭い物質が血液に吸収されることを予防してくれます。

牛乳の口臭予防効果は、ニンニクの場合翌日以降に効果が発揮されますので、是非とも口臭予防に取り入れたい飲み物です。

 

パイナップルなど南国フルーツ

食べ物飲み物 予防

パイナップルやキウイ、パパイヤなど南国フルーツに含まれている酵素には、ンパク質を分解する」力があります。

 

よく酢豚とかにパイナップルが入っていたりしますよね?

これは、パイナップルがタンパク質を分解してお肉を柔らかくする作用を利用したものです。

 

この酵素は食べ物から取れるものではかなり強力です。

 

口臭の多くの原因は、舌の表面についた食べカスなどからタンパク質を雑菌が分解することによって起こります。

パイナップルで食べカスのタンパク質を分解することで、口臭予防に繋がります。

 

しかしこの酵素は熱に弱いので、火に通すと効果が半減してしまいます。

食べ物で口臭予防の効果を引き出す場合は、生のパイナップルを食後に食べる・飲み物としてパイナップルジュースを飲むのが予防効果が高くおすすめです(。。)

 

酸っぱいもの

食べ物飲み物 予防

レモンや梅干し、みかん、フレープフルーツ、お酢など酸っぱい食べ物は口臭予防に効果的です。

 

酸っぱい食べ物を食べると、唾液の分泌が活発になり、唾液がもつ殺菌・抗菌・消臭作用で口臭予防となります。

 

また、これらの酸っぱい味は「クエン酸」によるもの。

クエン酸には高い疲労回復作用があります。

からだが疲れてたり、ストレスが溜まっていると自律神経がおかしくなり、唾液の分泌が減少してしまいます。

 

疲労回復にも効果があり、口臭の消臭・予防にも即効性がある酸っぱい食べ物はおすすめです(。。)

 

野菜・海藻

食べ物飲み物 予防

口臭は食べた直後だけはなく、食べ物や飲み物が腸内で消化された時にも発生します。

腸内環境が悪く便秘などで排出物が腸に滞在すると、臭い成分が血液に吸収され、肺から呼気として出てきてしまい口臭になります。

 

そのため、腸内環境を整えてくれる酵素食物繊維を多くもつ食べ物である、野菜や海藻を取ることが口臭予防に繋がります。

 

特に効果的なものは

 

  • 人参
  • セロリ
  • わかめ
  • 大豆
  • さつまいも
  • 山芋
  • こんにゃく
  • きのこ類

 

などが口臭予防におすすめの食べ物です。

 

発酵食品

食べ物飲み物 予防

納豆など発酵食品は、食べ物自体の臭いから口臭が発生する場合もありますが、腸内環境を整えてくれる作用があります。

ぜひ腸内からくる口臭予防に取り入れたい食べ物です。

 

味噌やぬか漬け、漬物には乳酸菌ビフィズス菌が多く含まれており、腸内環境を整えてくれる善玉菌のサポートをしてくれます。

 

また、納豆に含まれる納豆菌は悪玉菌に対する殺菌作用もあり、腸内環境を整えるのに発酵食品はおすすめな食べ物です。

 

ヨーグルト

食べ物飲み物 予防

口臭や腸内環境にいい食べ物といえばヨーグルト。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌酵素が、口の口臭の原因である菌を殺菌し、口内がキレイな状態を保ってくれる口臭対策には欠かせない食べ物です。

 

その効果は歯磨き粉代わりにもなるといわれ、口臭をあっという間に消してくれます( •ω•。)و

 

 

しかもヨーグルトは整腸作用があり、腸内での善玉菌の増殖をサポートしてくれるので、腸内環境悪化が原因の口臭の予防にも効果的!

 

また、ヨーグルトによく含まれている成分で、より口臭予防があるものがあります。

 

  • オリゴ糖・・・乳酸菌の活動をより活発にし、整腸作用をサポート
  • ビフィズス菌・・・強い殺菌作用の「酢酸」をもつ
  • ロイテリ菌・・・悪玉菌の抑制

 

ヨーグルトを選ぶ時にはこれらの成分が含まれているものを選ぶと、口臭予防にさらに効果的です。

 

 

ただしヨーグルトには、意外と砂糖が多く含まれます。

食べ物ですので食べやすいのが一番ですが、口臭予防対策には無糖のものがおすすめです。

 

食べ物飲み物 予防

え?!っと意外に思う口臭予防にきく食べ物が柿です。

実は柿に含まれるポリフェノール成分「タンニン」は、口内の雑菌に対し強い殺菌・消臭効果を持っています。

 

柿タンニンは今では様々な消臭剤に使われるほどの消臭力!( •ω•。)و

このタンニンは皮に多く含まれるので、干し柿などで食べるとより効率的に摂取することができます。

 

 

また、柿自体が歯ごたえがあり、よく噛んで食べることで唾液の分泌を活発にしてくれます。

季節の食べ物なので入手が難しい場合は、無添加の柿ジュースなどを飲み物として取り入れるもおすすめです。

 

だし昆布

食べ物飲み物 予防

口臭が気になる時におやつとしておすすめしたい食べ物が昆布です。

だし昆布を一口大にカットし、ガムのように口に含み噛むだけで、唾液がどんどん分泌され、天然の殺菌・消臭効果が高まります。

 

さらに昆布に含まれるミネラルは、舌苔(ぜったい)が過剰にできる原因である舌のキズなどの保護をしてくれます。

 

昆布は葉緑素(クロロフィル)を多く含み、高い消臭・殺菌効果があります。

腸内の悪玉菌が作り出す悪臭も分解する作用があるため体臭予防にも効果的です。

 

はちみつ

食べ物飲み物 予防

はちみつも口臭予防効果の高い食べ物です。

はちみつに含まれる「プロテアーゼ」という成分にはパイナップルと同様、「タンパク質を分解する」性質があります。

 

そのおかげで口臭の原因である舌苔のタンパク質を除去、口臭予防になるだけでなく、「グルコン酸」という成分が善玉菌の動きを活発にする整腸作用を持っています。

 

はちみつは調味料としても使えるので飲み物にも食べ物にも入れられるので口臭予防としては常におうちに置いておきたいですね( •ω•。)و

 

 

口臭予防におすすめレシピ

どんな食べ物や飲み物が口臭予防にいいかわかったけど、どうやって毎日に取りれればいいの?と疑問ですよね。

 

そこで口臭予防に効果のある食べ物や飲み物を使った、カンタンレシピを3つご案内します(。。)

 

リンゴとはちみつ入りヨーグルト

食べ物飲み物 予防 レシピ

リンゴのポリフェノールとリンゴ酸、ヨーグルトの乳酸菌、はちみつの作用で口臭を綺麗さっぱりなくしてしまいます(。。)

 

【材料】

 

  • 無糖ヨーグルト・・・200g
  • リンゴ・・・4分の1カット
  • はちみつ・・・適量

 

【作り方】

  1. リンゴの皮をむきサイコロ状カット
  2. ヨーグルトとはちみつを混ぜ、リンゴにあえる

 

梅昆布茶

食べ物飲み物 予防 レシピ

梅干しのクエン酸、昆布のミネラルと葉緑素をカンタンに取れる飲み物です。

暖かい飲み物でリラックス効果も♪

 

【材料】

 

  • 梅干し・・・1個
  • だし昆布・・・2〜3センチカット
  • 水・・・200cc

 

【作り方】

  1. 梅干しは種をとり梅肉を叩く
  2. 昆布と水を火にかけ出汁をだす
  3. 出汁が出たら梅を入れる

 

かんたんラッシー

食べ物飲み物 予防 レシピ

インドカレーとセットの飲み物いえばラッシー。

カレーとセットなだけあって、口臭予防に抜群な成分がたくさん入った飲み物です。

シンプルに混ぜるだけの飲み物なので、お好みで調整してみてください(。。)

 

【材料】

 

  • 無糖ヨーグルト・・・150g
  • 牛乳・・・150ml
  • ハチミツ・・・適量
  • レモン汁・・・適量

 

【作り方】

  1. 無糖ヨーグルト、牛乳をよく混ぜる
  2. ハチミツ、レモン汁を適量加える
  3. 冷蔵庫で冷やし、氷を入れて完成

 

 

食後の口臭がきつくなる時間帯と予防する飲み物は?

口臭予防効果がある食べ物や飲み物、一体どのタイミングで取ればいいのでしょうか?

実は、「食後口臭がきつくなる時間」というものがあるんです∑(°°๑)

 

口臭がきつくなる時間帯

口臭予防 時間

それは、食後から3〜4時間後です。

 

  • 朝7時に食べ物を食べたなら・・・午前10時〜11時頃
  • 昼12時に食べ物を食べたなら・・・午後3〜4時頃

 

みなさん心あたりがあるのではないでしょうか?

この時間帯は、胃が空腹を感じる時間帯です。

 

空腹時は、唾液の分泌量が減ってしまいます。

天然の口臭予防である唾液には、殺菌・抗菌・脱臭作用があり、口内の雑菌や臭いを抑え、洗い流してくれる作用があります。

 

唾液の量が減ってしまうと自浄作用が弱まり、雑菌が繁殖することで口臭がきつくなってしまうのです。

 

口臭予防に間食を

口臭予防 時間

口臭がきつくなるのを予防するには食べ物や飲み物ととる、つまり間食がおすすめです。

 

すでにご案内した、口臭予防効果のある食べ物や飲み物がおすすめですが、特におすすめしたい飲み物が「お水」です。

空腹時に飲み物として水をこまめにとると、口臭予防に最適です。

 

 

意外かもしれませんが、空腹時の飲み物では「緑茶」などは避けたいところ。

緑茶のもつ殺菌や消臭作用はとても効果的ですが、カフェインなどを含み空腹時に飲み物としてとるのは逆効果になってしまいます。

緑茶は食後の飲み物として飲むようにしましょう。

 

 

また、食べ物としては「だし昆布」がおすすめです。

糖分やカロリーが低く、口に含んでいるだけで唾液の分泌が促される口臭予防には万能の完食です。

 

 

口臭予防におすすめタブレットサプリやグッズ

色々口臭予防に効果的な食べ物や飲み物はたくさんあるんですね!

種類もたくさんあるし、毎日の生活の予防効果の高い食べ物や飲み物を取り入れれば、口臭とはおさらばできそうです。

 

 

とはいえこの食べ物や飲み物を毎日毎日毎日考えて料理したり準備するの・・・?!?!?!

というのが私の本音です(紹介しといてですが)

 

包丁出すのめんどい。

口に入れるだけで口臭予防になるような魔法のアイテムが欲しい。

 

ということで、私のようにめんどくさがりさんにもおすすめできる、口臭予防に効果的な食べ物や飲み物に入っている「成分をギュッと濃縮」した口臭予防タブレットサプリもご案内しておきます( •ω•。)و

 

ゴッソトリノ



通常価格:4,400円(税抜)

定期コース初回価格:1,380円(税抜)/2回目以降3,300円(税抜)

 

こちらも酸っぱい口臭対策におすすめアイテム、サン・クルテ製薬のマウスウォッシュ、「ゴッソトリノ」です。

 

こちらも「プロポリンス」同様、口に含んでクチュクチュした後に、ペッと吐き出すとなんと口腔内のタンパク質や汚れが固まって出てきます

 

 

プロポリンスとの大きな違いは、

 

  • 国内製品であること
  • 個包装で持ち歩きやすいこと(プロポリンスはボトルタイプ)
  • 歯磨きが個別に不要なこと

 

です。

 

特に歯磨きに関してはプロポリンスを吐き出した後に、歯ブラシでブラッシングをすればOKなので、タンパク質への対策だけではなく、歯磨き粉の代わりに使用が可能なのが嬉しいところですね( •ω•。)و

 

>ゴッソトリノの実際に使った口コミ情報はこちら

\汚れが目に見えるマウスウォッシュ

ゴッソトリノの口コミ3分チェック

スッキリ吐息

通常価格:2,290円(税別)

定期コース初回価格:1,794円(税別)/2回目以降2,390円(税別)

 

食べ物や飲み物の代わりに口臭予防タブレットサプリ!「スッキリ吐息」です。

 

こちらは噛んで食べるタイプ、即効性もありお水が飲めないシーンでもかんたんに口臭予防が可能です。

 

炭酸のしゅわしゅわが蓄積臭を消してくれるだけでなく、キシリトールなど食べ物や飲み物だけではとることができない、口臭予防成分も配合されています。

 

口臭予防!食べ物と飲み物で口臭が消える?悪化する食べ物も紹介!まとめ

口臭予防に効果的な食べ物や飲み物をご案内しましたがいかがでしたか?

予防効果のある食べ物や飲み物は意外とたくさんあることがわかりましたね♪

 

みなさんの情報収集のお役にたてたでしょうか?

少しでもお役にたてたら幸いです♪