口臭の原因

口臭がうんこくさい原因はコーヒーとタバコ?効果的な対策方法9選!

胃が悪い どんな匂い

タバコのあとにコーヒーを飲んで一服・・・お決まりの休憩パターン!

タバコとコーヒーの組み合わせサイコー!でやめられないって人も多いのでは♪

 

でもちょっと待って!

いま口、臭くないですか?

なんならうんこくさいとかでは・・・?

 

実はタバコとコーヒーはうんこくさい口のにおいの原因、最恐タッグなんです!

 

「タバコとコーヒーを飲んだらなんだか口がくさい・・・原因はなに?」

「うんこくさい口臭は何が原因でおこるの?」

「うんこくさい口のにおいはどうしたら消えるの?」

「口がうんこくさいなんて・・・もしかして病気が原因?!」

 

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな口のにおいで悩んでいるあなたに!

 

  • タバコとコーヒーで口臭がうんこくさい臭いになる原因
  • うんこくさい口臭で考えられる病気
  • タバコとコーヒーでうんこくさい口臭に効果的な対策9選!
  • タバコとコーヒーでうんこくさい口臭におすすめグッズ

 

をご案内♪

これを読めば明日からくさい口臭に悩まなくて済むかもしれません♪

口臭がうんこくさいのはコーヒーとタバコが原因?

タバコとコーヒーで一服タイムは最高!

タバコとコーヒーは最高の相性だったりします。

 

でもタバコのあとにコーヒー・・・てすると口がにおいませんか??

 

酷くなるとうんこくさいようなドブっぽい悪臭がします。

なんとその口のにおいは、タバコ×コーヒーの最恐タッグが原因で生み出されちゃうんです!

 

コーヒーの口臭原因

うんこくさい口臭の原因の1つに、コーヒーにあります。

どうしてコーヒーの香りがそんなにくさい臭いの原因になるのでしょうか?

 

舌に残る

口臭 コーヒー

コーヒーの粒子や、コーヒーに入れているミルクや砂糖は舌の表面や、頬の粘膜にカスが残りやすくなっています。

 

残ったカスのタンパク質を菌が分解する際に、揮発性硫化化合物(VSC)という口のにおいの原因である悪臭のガスが発生します。

 

揮発性硫化化合物(VSC)は気化しやすく、硫黄や生臭さ、酸っぱいにおいなど様々なにおい成分が入り混じっています。

それとコーヒーのにおいが口の中で混ざることで、時間が経つごとに悪臭が増しうんこくさい臭いの原因になります。

 

唾液の分泌を妨げる

口臭 コーヒー

唾液は口の中の菌を殺菌したり、においを消臭するなど口臭の原因に効果がある、天然のオーラルケアです。

 

主に唾液を出す唾液線は、小さいものが頬の内側にも多くありますが、この頬の内側の粘膜というのはコーヒーの粒子などの食べカスが残りやすい場所でもあります。

 

コーヒーの粒子や食べカスにより唾液の分泌が阻害され、口の中の唾液が不足してしまいにおいをキツくし、菌の動きを活発にしてしまうことで、うんこくさい口臭の原因になります。

 

胃に負担がかかる

口臭 コーヒー

コーヒーを飲みすぎると胃が荒れると言いますが、胃腸の不良も口のにおいの原因になっちゃいます。

コーヒーに含まれる「カフェイン」「クロロゲン酸」は消化の促進作用があり、空腹時にコーヒーを飲んだり、飲みすぎてしまうと過剰に胃液の分泌を促進してしまうことに。

 

不要な胃液は胃を荒れさせてしまい、消化不良などを起こす原因になります。

消化不良が起こると胃の中で消化されない食べ物が発酵・腐敗し悪臭を放ち、口のにおいの原因になっちゃいます。

 

 

胃にはにおいを防ぐ「噴門(ふんもん)」という筋肉で閉じられているため、通常は臭いが逆流しません。

ではどうして胃の中のにおいが口から出るのかというと、原因は血液にあります。

 

胃の中で発生したにおい成分は血管に吸収され、血液によって体全体に運ばれます。

肺に通したにおい成分は呼気として外に排出され、くさ〜い口臭に∑(°°๑)

 

そのため胃が原因の口臭はいくらオーラルケアをしても消えることはなく、さらに口の中のにおいと混じり合って悪臭の原因となってしまいます。

元々は食べ物の腐敗臭ですから、ひどくなるとにおいがキツくなり、うんこくさい臭いに近くなります。

 

カフェインの作用

口臭 コーヒー

コーヒーの代表成分「カフェイン」も口のにおいの原因になっちゃうんです・・・。

 

コーヒーを飲んだ後、なんだかトイレが近いな・・・という人は多いのでは?

コーヒーのカフェインには高い利尿作用があります。

 

 

そのためコーヒーを飲みすぎると体から水分が排出されてしまい、体が水分不足になりがちです。

またコーヒーのカフェインには興奮作用があり、交感神経を活発にします。

 

交感神経が活発になると、水分量や自浄作用の少ないネバネバした唾液が出ようになります。

さらに水分不足で唾液の自体の分泌量が減ってしまい、口のにおいがキツくなる原因になります。

 

タバコの口臭原因

さらに口のにおいの最大の根源がタバコ!

 

タバコは口臭を作り出す要素の宝庫です。

タバコとコーヒーがWで原因を作り出し、ひどい悪臭のうんこくさい口のにおいになります。

 

タール

口臭 タバコ

タバコに含まれるタール。

タバコを吸う人はタバコのタールで肺が真っ黒!ってよくタバコの害でも聞きますよね。

 

タバコに含まれるタールは、コーヒーの粒子同様口内にへばり付き、ネバネバとしていて流れにくいため、唾液の分泌を阻害します。

またタール自体もタバコの代表的なにおいである「ヤニ」においがして、他のにおい成分と混じり合うことでうんこくさい口の臭いの原因になっちゃいます。

 

ニコチン

口臭 タバコ

タバコの成分として有名なニコチンには神経を高ぶらせる効果があり、コーヒーのカフェインと一緒にとると快感があると言われています。

 

しかしその反面、高い依存性とニコチン自体の悪臭、血流の悪化をもたらす作用があります。

タバコをやめたいのに、ついついタバコに手がのびて、結果タバコをやめられない人って多いですよね・・・。

 

タバコのニコチンの悪臭はタール同様口の中に残留することで、口臭の原因になる他、血流が悪化することで唾液の分泌が悪くなり、においがキツくなる原因です。

 

 

唾液の分泌で自浄作用が低下し、タバコのニコチンとタール、コーヒーのにおいなどが混じりあうことで、うんこくさい口臭の原因になってしまうんですね。

>口臭とさよなら!汚れがゴッソリ取れるマウスウォッシュの口コミはこちら

口臭がうんこくさいと病気の可能性はある?

タバコは吸わないしコーヒーも飲まないのに口臭がうんこくさい…。

夜寝る時にしっかり歯磨きもしてるのに朝起きたら口のにおいが…。

 

口がうんこくさいなんてもしかして病気が原因?!って心配になりますね。

結論から言うと、うんこくさい口臭の原因の1つに病気があります。

 

 

その場合は原因である病気を治さないと口のにおいがなくなりません。

 

うんこくさい口臭の原因になりえる病気を解説します!

 

口の病気

口臭 うんこくさい 病気

虫歯や歯周病などが悪化すると、うんこくさい匂いの原因となります。

 

特に歯周病になると、揮発性硫化化合物(VSC)という口臭の3大におい成分であるメチルメルカプタンが健康な人の2倍近くも出るように!

 

このメチルメルカプタンは少量でもかなりの激臭で、魚が腐った生臭いにおいに例えられます。

このチルメルカプタンと様々なにおい成分が混ざりあい、うんこくさい口臭がします。

 

さらに口内環境が悪くなると、唾液の分泌が少なくなり口が乾いてしまいよりにおいがキツくなります。

 

 

また、歯周病や虫歯は悪化すると膿が出ます。

この膿はドブ臭く生ぐさい腐敗臭で、においがキツくなるとうんこくさい臭いにも例えられます。

 

耳鼻科系の病気

口臭 うんこくさい 病気

意外かもしれませんが、鼻炎や蓄膿症、甲状腺肥大などの病気があると、それが原因でうんこくさい口臭がでることがあります。

 

原因の1つが、鼻が詰まるなどで口呼吸が増え、口の中が乾くことにあります。

天然の殺菌・消臭剤である唾液が乾いてしまうことで口のにおいがキツくなり、口臭の原因である菌の働きがさらに活発になってしまうんです。

 

 

2めの原因が、口呼吸をすることで余計な菌やウィルスが体に侵入するため、それを防ぐのに免疫が働くこと。

免疫とウィルスが戦って死んだものが「膿」です。

 

この膿はウィルスなどの死骸が腐敗したものですので、ドブ臭く生ぐさい腐敗臭がします。

におい強くなるとうんこくさい臭いに例えられることも。

 

 

またウィルス感染などで体の免疫が下がってしまうと、唾液の分泌が低下し、口のにおいの原因になっちゃいます。

 

胃腸の病気

口臭 うんこくさい 病気

胃炎や十二指腸潰瘍など胃腸の病気にかかると、口臭の原因になります。

 

胃腸の病気になると胃腸の環境が悪くなり、消化不良などの症状が出るようになります。

きちんと消化され排出されるはずの食べた物が、消化されず胃腸に残ってしまうことで、食べた物が胃腸で発酵・腐敗するように!

 

腐敗した食べ物のにおい成分は血液に吸収され全身を巡り、体臭や口のにおいとして排出されます。

このにおい成分がうんこくさい臭いの原因となってしまうんですね。

>口臭とさよなら!汚れがゴッソリ取れるマウスウォッシュの口コミはこちら

口臭がうんこくさいのは便秘が原因?

口臭 便秘

便秘はうんこくさい口のにおいの原因の1つです。

 

本来排出される便が腸内にとどまってしまうと、腸の中で便の腐敗が始まります。

便が腐敗し始めて出た、腐敗したうんこくさい臭いの成分は便秘のせいで便と一緒には排出がされません。

 

そんなうんこくさい臭い成分はどうなるのかというと、口臭になったり、汗として出て体臭として排出されるようになるんです。

 

 

発生したうんこくさい臭い成分は、まず血管に吸収されます。

血管に吸収されたうんこくさい臭い成分は、血液と一緒に全身を巡ります。

 

やがて肺に送られたうんこくさい臭い成分は、呼気として排出され、これがうんこくさい口のにおいとなります。

 

 

便秘が原因の口臭の場合、厄介なのが口内が発生原因ではないため、いくら歯磨きなどをしても奥から込み上げてくるうんこくさい臭いが消えないこと。

 

この場合は根本の原因となる便秘を解消し、腸内環境を整えない限りうんこくさい口臭が出続けることになります。

>口臭とさよなら!汚れがゴッソリ取れるマウスウォッシュの口コミはこちら

口臭がコーヒーとタバコでうんこくさい時の対策方法9選!

コーヒーやタバコが原因で口臭がうんこくさい時に効果的なにおい対策を案内します!

タバコを吸った後など、すぐにできる方法もあるので、ぜひ試してみてください( •ω•。)و

 

水をのむ

口臭対策 水

コーヒーとタバコでうんこくさい口臭が出てしまったら、コップ1〜2杯の水を飲むと効果的です。

 

コーヒーの粒子やタバコの成分などの残留物が洗い流されるだけでなく、口臭の原因である水分不足と口の乾燥が改善されます。

 

 

特に水を口に含んだ状態で、

 

  • 舌の表面を上顎や頬の内側に擦り付ける
  • 口をゆすぐイメージで、水を飲み込む前に口内にいきわたせる

 

ようにすると、舌の表面や頬に内側についたコーヒーやタバコの成分などの残留物を、水と一緒に胃へ洗い流すことができます。

 

うがいをする

口臭対策 うがい

コーヒーとタバコを飲んだ時は、うんこくさい口臭防止にうがいが効果的です。

 

水を飲む時と同様、口の中を水で洗浄することで口内に残ったコーヒーやタバコの成分の残留物を、水と一緒に洗い出すことができます。

 

また喉の奥までうがいで水を行き渡らせることで、タバコの煙で喉の奥にへばりついた、タバコの成分であるタールやニコチンを洗い出すことができ、口臭に効果的です。

 

舌磨きをする

口臭対策 舌磨き

コーヒーとタバコを飲んだ時に時間があれば推奨したいのが舌磨きです。

 

タバコの成分や、コーヒーの粒子などが残留しやすのが「舌の表面」です。

また舌の表面は菌が繁殖しやすくなっていて、口臭の大きな原因の1つ。

 

 

舌についてしまった、タバコの成分やコーヒーの粒子などの汚れをキレイにするだけでもうんこくさい口臭対策に効果的です。

ただし舌磨きをする時は歯ブラシなどで無理にこすらないこと!

 

舌は傷がつきやすく歯ブラシで無理にこすってしまうと傷がつき、そこから菌が繁殖し口臭の原因になってしまいます。

舌磨きをする時は専用の舌ブラシで優しく撫でるように磨くだけでも効果的です。

 

ガムをかむ

口臭対策 ガム

ノンシュガーのガムを噛むのもうんこくさい口臭に効果的です。

タバコを吸っている人は口直しにガムを噛む!という人も多いのではないでしょうか。

 

ガムを食べるとガムの香りで口臭がわかりにくくなるだけではなく、噛むことでタバコが原因で現象した唾液が活発になります。

 

またガムを噛む時にオススメなのが、ガムを舌の上でコロコロ転がすこと。

 

ガムを舌の上で転がすことで、舌にあるコーヒーやタバコ成分の残留がガムにつきやすくなり、うんこくさい口臭対策に効果があります。

 

ノンカフェインコーヒーにする

口臭対策 ノンカフェイン

ノンカフェインコーヒーを選ぶのもオススメです。

 

コーヒーの成分が利尿作用を促すことがうんこくさい口臭の原因の1つですので、口臭が減少します。

 

しかし通常のコーヒーと同じくコーヒーの粒子が舌に残留しやすいのは変わりませんので、口内ケアの併用をオススメします。

 

深呼吸する

口臭対策 深呼吸

タバコを吸い終わった後、肺から大きく息を吸って吐く深呼吸を繰り返すのがうんこくさい臭いに効果的です。

 

タバコを吸った後の口臭の原因の1つにタバコの煙があります。

タバコの煙は、タバコを吸い終わった後も10分程度肺の中に残留していて、そのタバコの煙が口の中のコーヒーなどのにおいと混じりあい、うんこくさい口臭の原因となってしまうんです。

 

大きく深呼吸を繰り返すことで肺に新鮮な空気を送り込み、残っているタバコの煙の残留分を排出してしまいます。

 

唾液を出す

口臭対策 唾液

タバコやコーヒーで減少した唾液を増やすのは、効果がバツグン!

 

口臭対策を緊急でしたい時は舌の運動がオススメ!対策グッズも紹介!の記事でも解説しましたが、舌の運動やマッサージ、ツボ押しなどでも唾液の分泌を促すことができます。

 

道具を使わず、どこでもできるのでオーラルケアグッズがない時や緊急時に口臭がキツくなってうんこくさいな・・・。という時に対策ができます。

 

特にタバコを吸ったあとは、タバコのせいで唾液の分泌が減少状態。

タバコを吸ったら舌の運動をする、など習慣つけると口臭がしにくくなります。

 

マウスウォッシュをする

口臭対策 マウスウォッシュ

うがいと一緒でマウスウォッシュで口をゆすぐと、うんこくさい口臭の原因であるコーヒーやタバコの残留物を洗い流すことができ、口臭対策になります。

 

またマウスウォッシュの種類によっては、殺菌や抗菌・消臭・口の中を潤す保湿成分が含まれているものも。

そのような成分が入っているマウスウォシュを使い、コーヒーやタバコによってにおいがキツくなってしまう口内の環境を整えると、うんこくさい口臭対策により効果的です。

>口臭とさよなら!汚れがゴッソリ取れるマウスウォッシュの口コミはこちら

タブレット・サプリをとる

口臭対策 サプリ

ミントなどのいいにおいがするタブレットには「マスキング」の効果があります。

マスキングとはいいにおいを上から被せて、元のにおいをわかりにくくするというもの。

 

口のにおいがかき消されていいように見えますが、コーヒーやタバコを飲んでそのままタブレットをガリガリ食べると、香りが混ざり合い、よりくさいにおいがするようになります。

 

タブレットはノンシュガータイプの物を、水や舌磨きなどでしっかりとコーヒーなどの残留物を洗い流した後に食べるようにしましょう。

 

 

また舐めるタイプの口臭対策サプリには消臭・殺菌成分や唾液の分泌を促すなどの作用があるものがあり、うんこくさい口臭にも効果がありおすすめです。

うんこくさい口臭におすすめ口臭対策グッズ

コーヒーとタバコの組み合わせは最高に美味しいけど、うんこくさい口臭を生み出す最強のタッグだということがわかりましたね・・・。

 

でも!

うんこくさい口臭の原因ってわかっていてもコーヒーとタバコはやめられない!

でも口臭ケア毎回毎回は大変でやだ!!!

 

・・・と言うあなたのために、さっと使うだけでうんこくさい口臭に効果的なおすすめグッズを紹介しておきます( •ω•。)و

ゴッソトリノ



通常価格:4,400円(税抜)

定期コース初回価格:1,380円(税抜)/2回目以降3,300円(税抜)

 

マウスウォッシュでうんこくさい口臭対策におすすめなのが「ゴッソトリノ」です。

 

においの原因である菌への殺菌作用だけではなく、コーヒーなどの食べカスからでる菌のエサであるタンパク質をしっかり吸着し、外に排出します。

 

排出されたタンパク質などの汚れはカスとなって目に見えるので、自分の口内の環境を把握することもできます。

殺菌作用のあるマウスウォッシュはたくさん販売されていますが、汚れを吸着し出してくれるものは数が少なくおすすめです。

>口臭とさよなら!ゴッソトリノの口コミはこちら

 

オーラクリスターゼロ



通常価格:4,880円(税別)

定期コース価格:3,278円(税別)

 

うんこくさい口臭対策におすすめなのが「オーラクリスターゼロ」です。

 

スプレータイプなので、手早くシュッとケアができるだけでなく、口臭の原因であるにおい成分の揮発性硫化化合物(VSC)へのバツグンの消臭力!

また菌への殺菌・抗菌作用も驚異の99.7%とかなり頼りになる一本です。

 

使う時はにおいの原因が多くある舌にシュッと吹きかけ、できれば舌ブラシを併用するとより効果的です。

歯磨きのあとに使うと、徹底して殺菌・消臭ができるので併用もオススメ!

 

口臭がうんこくさい原因はコーヒーとタバコ?効果的な対策方法9選まとめ

コーヒーとタバコが原因ででるうんこくさい口臭!

相性は最高ですが、うんこくさい臭いの原因の最恐タッグなこともわかりましたね・・・。

 

みなさんの情報収集のお役に立てましたか?

少しでもみなさんのお手伝いができれば幸いです♪